トップ>IR情報>IR基本方針

IR情報

IR基本方針

IR情報開示方針

基本方針

株主・投資家の皆さまに、公平かつ適時適切な情報を開示することで、IR活動に対する信頼性を高めるとともに、当社の企業価値を適正に資本市場の評価に反映させていきます。

開示する情報

金融商品取引法及び各証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(適時開示規則)など、法令などに定められた情報に加え、当社の事業内容、及び経営方針や戦略に関する情報についても、積極的な情報開示を行います。

開示方法

金融商品取引法及び各証券取引所が定める適時開示規則に該当する情報は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)などに登録し開示します。また、上記以外の情報についても、当社が重要であると判断したものは、当サイトを活用することで、広く一般に情報が入手できる環境を整備します。

将来予測に関する考え方

本ウェブサイトに掲載されている情報には、日本テレビホールディングス株式会社およびグループ各社の業績に関する計画、戦略、業績など将来予測の記述が含まれております。こうした記述は、将来の業績を保証するものではありません。実際の業績は、(1)当社の事業領域をとりまく経済情勢 (2)放送法、通信法等の法制度の変化 (3)デジタル技術分野での技術革新等さまざまな既知または未知のリスク、不確実性及びその他の要因が内在しております。従いまして、将来の業績は、経営環境の変化などにより異なる可能性があることにご留意していただき、これら見通しのみに全面的に依拠して分析や投資判断をされることはお控え頂くようお願い申し上げます。詳しくは「免責事項」をご覧ください。 なお、本ウェブサイトで使用するデータ及び表現等の欠落・誤謬等につきましてはその責を負いかねますのでご了承ください。

コンテンツの著作権等について

本ウェブサイトのいかなる部分も一切の権利は日本テレビホールディングス株式会社に帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようお願いいたします。