トップ>プレスリリース>プレスリリース詳細

プレスリリース

プレスリリース詳細

2021年06月29日

第88期 定時株主総会についてのご報告

 日本テレビホールディングス株式会社は、本日6月29日 午前10時から、京王プラザホテル 本館5階「コンコードボールルーム」(東京都新宿区)において、第88期定時株主総会を開催しました。
 75名の株主が出席し、提案された議案はいずれも原案どおり承認可決され、
午前10時57分に終了しました。
 決議された内容は以下のとおりです。

<剰余金処分について>
 当社は、株主に対する利益還元を経営上の重要な課題として認識し、事業環境の変化に柔軟に対応できる企業体質の確立と収益基盤の強化および積極的な事業展開のための内部留保との調和を図りながら、継続的で安定的な株主還元を行うことを基本方針としています。
 当期につきましては、同基本方針に基づき、1株当たり25円を期末配当とすることを決定しました。
 なお、資本政策における機動性の確保を目的として、別途積立金を取り崩し、繰越利益剰余金に充当することといたします。

<取締役9名選任について>
 前取締役12名は、本総会終結の時をもって任期満了となりました。
当社は、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目的に、取締役会の構成を見直した上で、執行役員制度を導入し、取締役会における「経営監督の機能強化」「機動性の向上」「意思決定の迅速化」をより進めてまいります。
 この度、取締役5名、社外取締役4名とし、計9名の取締役が選任されました。
 なお、4名の社外取締役は全員、東京証券取引所が定める独立社外役員として届け出る予定です。このため、取締役会における独立社外取締役の比率は、今年改訂された「コーポレートガバナンス・コード」でプライム市場上場会社に求められる3分の1以上となります。

<監査役1名選任について>
 監査役として嶋田隆氏が選任されました。嶋田氏は東京証券取引所が定める独立社外役員として届け出る予定です。

<補欠監査役1名選任について>
 補欠監査役として能勢康弘氏が選任されました。

 株主総会終了後に開催された取締役会・監査役会において、以下の取締役、監査役、執行役員による新体制を正式に決定しましたので、ご報告いたします。

代表取締役 会長 大久保 好男
代表取締役 副会長 小杉  善信
代表取締役 社長 杉山  美邦
取締役(非常勤) 渡辺  恒雄
取締役(非常勤) 山口  寿一
取締役(非常勤) 今井   敬 (独立社外取締役)
取締役(非常勤) 佐藤   謙 (独立社外取締役)
取締役(非常勤) 垣添  忠生 (独立社外取締役)
取締役(非常勤) 真砂   靖 (独立社外取締役)
   
常勤監査役 吉田   真
監査役(非常勤) 嶋田   隆 (独立社外監査役)
監査役(非常勤) 村岡  彰敏
監査役(非常勤) 大橋  善光
補欠監査役 能勢  康弘
   
上席執行役員 石澤   顕
上席執行役員 一本   哉
上席執行役員 玉井  忠幸
上席執行役員 酒巻  和也
上席執行役員 於保  浩之
執行役員 粕谷  賢之
執行役員 福田  博之
執行役員 柴田  康弘
執行役員 黒崎  太郎
執行役員 黒岩  直樹
執行役員 沢   桂一

以 上

日本テレビホールディングス株式会社 経営戦略局 広報部